老人性難聴で認知症に!?

  1. HOME
  2. 病気のコラム
  3. 老人性難聴で認知症に!?

老人性難聴で認知症に!?

子育てや親の世話で悩むナイスミドルの皆さん、こんばんは。

育児や受験などが終わり子どもに手がかからなくなってきて「そろそろ自分の時間を〜」なんて考えていたら親の健康問題が発覚して新たな悩みを抱えることになった、そんな方は少なくないと思います。

また健康に問題はなくても「目が遠くなってきたなぁ」とか「聞き返しが増えてきたなぁ」とか親の感覚器の老化を実感することもあるのではないでしょうか。

 

老人性難聴は認知症の危険因子

2017年の国際アルツハイマー病会議で「認知症の症例の約35%は潜在的に修正可能な9つの危険因子に起因する」という発表がなされました。その9つの危険因子の1つが難聴ですが、難聴については「予防できる要因の中で、難聴は認知症の最も大きな危険因子である」との指摘がなされました。

 

なぜ老人性難聴が最も大きな危険因子なのでしょうか?

 

まず難聴があると音の刺激や脳に伝えられる情報量が少なくなります。

そうすると脳の萎縮や神経細胞が衰えていくため認知症の発症に繋がります。

また、難聴があるとコミュニケーションがうまく取れなくなります。

そうすると人との関わりを避けるようになってきます。

人との関わりを避けるうちに抑うつ状態になったり、社会的に孤立してくるとそれも認知症の発症に繋がるのです。

以上が老人性難聴が認知症の最も大きな危険因子と言われる所以です。

 

補聴器で認知症を予防

老人性難聴があってもすぐに認知症になる訳ではありません。

聞こえを補って「良い聞こえ」を維持すれば脳が活性化して認知症を防いだり発症を遅らせることが出来ます。

ですので難聴があることが分かったら放置せず、補聴器を使って難聴に対処することが大切になってきます。

 

分かりやすい難聴と分かりにくい難聴

写真のような仕草をしたり、会話の時に聞き返しが増えていれば「難聴」があるのは誰でも分かります。

本人も聞こえにくくて困っていることを隠していませんから比較的補聴器を勧めやすいと思います。

しかし、中には「聞こえにくいのを知られたくない」、「聞き返すと嫌な顔をされる」などの理由で聞こえていなくても適当に相槌を打つ人もいます。

そういった場合は周りの人が難聴に気付いてあげるのが難しくなります。

「たまにトンチンカンな事を言う」

「テキトーに相槌を打つことが増えた」

聴力が落ちると、例えば「つ」と言っているのか「う」と言っているのか区別がつきにくくなります。

「うじどう」と聞こえても話の流れから「辻堂」と解釈することが出来れば会話は成り立ちますが、そうでない場合は話を理解出来ずトンチンカンな事を口にしたり適当に相槌を打つようになります。

「TVのボリュームや喋る声が大きい」

早口で喋られれたり滑舌が良くないと何と言っているのか聞き取りにくくなりますのでNHKのニュースは普通のボリュームで聞いているけど民放の番組はボリュームが大きくなったりします。

また自分の声がよく聞こえない場合には自然と喋る声も大きくなってきます。

「玄関の呼び鈴に気付いていない」

などがあれば老人性難聴のサインです。

耳鼻咽喉科で難聴かどうかを確認する事をお勧めします。

 

補聴器はどこで買うべきか

 

人の聞こえは人それぞれ違います。

上の聴力検査の図を見れば、年齢によって大きく聴力が違ってくるのが分かると思います。

当然、同じような年齢でも高い周波数だけ聞こえにくい人もいれば、低い周波数から高い周波数まで全体的に聞こえにくい人もいます。

そのため補聴器は人の聞こえ方(聴力検査結果)に合わせて調整する必要があります。

街のメガネ屋さんでも家電量販店でも売ってある補聴器はちゃんとした補聴器です。

補聴器専門店と同じフォナックとかシーメンスとか世界的に有名なメーカーの補聴器を揃えています。

しかし、耳鼻咽喉科医が街のメガネ屋さんや家電量販店で補聴器を購入する事を勧めることは100%あり得ません。

それはそういったお店には補聴器を聴力検査結果に合わせて調整するスキルを持っている人がいないからです。

補聴器を適切に調整することが出来るのは言語聴覚士という国家資格を持つ方か、認定補聴器技能士という業界団体の資格を持つ方です。

言語聴覚士さんは主に病院で補聴器を扱い、認定補聴器技能士さんは補聴器専門店で補聴器を扱っています。

 

辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科では藤沢駅南口にあるブルーム藤沢店へ紹介しております。

ちゃんとした認定補聴器技能士さんが在籍しており、開業する前に勤めていた父親のクリニックの頃から紹介しています。

「もしかしたら親が難聴かも?」程度のものでも遠慮なくご相談下さい。

検査をして結果として問題なしならそれに越したことはありませんからね。

一覧に戻る