繰り返すこどもの鼻血

  1. HOME
  2. 病気のコラム
  3. 繰り返すこどもの鼻血

繰り返すこどもの鼻血

鼻血の原因

他人の子供が鼻血を出しても「鼻をほじって傷つけたのかな」と冷静に考えられますが、自分の子供が繰り返し鼻血を出したりすると「もしかして白血病?」などと何とも言えない不安にかられることがあるかと思います。

でも安心して下さい。

鼻血だけならまず白血病の心配はいりません。

もし白血病で出血しているなら白眼や歯茎なども血が出やすくなりますし、脇の下とか膝裏みたいにぶつけにくい部分の皮下出血をしやすくなります。

そういった事がなければ大丈夫です。

単に鼻の粘膜が傷ついて血が出ているだけで心配しなくていい鼻血と考えていいと思います。

キーゼルバッハ部位

鼻をかむとティッシュに血がつく程度のものから鼻からタラタラ垂れたりもしくはドバドバ出る様な鼻血まで色々ありますが、そのほとんどが鼻の入り口近くの粘膜が傷ついて出ているだけで心配いらないことが多いのです。

鼻の穴の皮膚と粘膜の移行部分に小さくて細い血管が集まる場所があり、専門的にキーゼルバッハ部位と呼ばれています。

このキーゼルバッハ部位にある血管はちょっとしたことで傷つきます。

鼻をかんだ、鼻をほじった、鼻をすすった、などで傷がつきますし、夏ののぼせや秋冬の空気の乾燥でも傷がついて血が出ます。

鼻血で受診は必要か?

大抵の鼻血は受診する必要がありません。

成人の場合、鼻の中へガーゼを留置して傷を圧迫したり傷を焼いたりしますが、そういった治療は痛みを伴うので当院では小学生までの子どもにはまずしません。

両方の鼻翼(小鼻のこと)を指で摘んで5〜10分ほどそのまま摘みっぱなしにしておくと止まるようなら受診は不要です。

数日から数週間ほど出たり止まったりを繰り返すうちに傷は塞がってそのうち鼻血は出なくなるからです。

しかし、理屈では分かっていても我が子が何度も何度も鼻血を繰り返せば心配になってしまう親の気持ちはよく分かります。

「やっぱり心配なので診察を受けたい」という方は遠慮なく受診なさって下さい。

鼻血の止め方

① まずは落ち着きましょう

② 鼻の根元ではなくて両方の小鼻を摘みます

③ 軽くうつむくようにさせます

これだけです。

 

次に注意事項です。

鼻の中へティッシュを詰めると抜いた時に傷が擦れてまた血が出る事があるのでやめましょう。

上を向かせると血がノドへ垂れ落ちてむせる事があるのでやめましょう。

一覧に戻る